番組トップページに戻るこれまでの放送一覧に戻る

乳酸菌生産物質の効果効能、乳酸菌生産物質のチカラ

乳酸菌(ビフィズス菌)あなたのお腹を元気にするといわれているヨーグルトやキムチ、味噌、糠漬けなどの発酵食品。あなたは食べていますか?発酵食品には、多くの乳酸菌が含まれています。これらの乳酸菌は腸の中で、病原菌などから体を守る善玉菌に活力を与え、からだの健康のためにチカラを発揮しています。

乳酸菌、ヨーグルトを摂ってもほとんど胃の中で胃酸により死んでしまい腸に届かない、と思われがちですが、それは誤解です。死んだ乳酸菌でも、お腹の中で十分に働いていたことが乳酸菌の持っているチカラを研究して分かりました。しかし生きた乳酸菌は腸に留まって増殖できずに排出されてしまうのです。ですから、なるべく多くの乳酸菌(1日500ml位)を多種類食べる必要があるのです。

これを克服したのが乳酸菌から生まれた乳酸菌生産物質。乳酸菌より、乳酸菌がつくりだしている 物質が、免疫力を高める効果をもった物質だったのです。乳酸菌から生まれた新たなチカラは、さまざまな機能性を持ち合わせていました。

乳酸菌をはじめとする、100兆個にも及ぶ腸内細菌の神秘。腸は、健康のバロメーターといわれています。それは、栄養分を吸収する機能のほかに、血液や免疫力を生成する重要な働きを持っているためです。

腸に働くサプリメント原料としてその効果効能が期待される乳酸菌生産物質と、それを培養することに成功した「人のチカラ」。乳酸菌の研究に生涯を捧げた人物の軌跡とともに,その驚異的パワーを紹介します。

乳酸菌が作り出す、乳酸菌生産物質の正体

人の腸内に住む細菌と年代別腸内細菌バランスヨーグルトや、ワイン、味噌、といったありとあらゆる発酵食品に含まれている乳酸菌。ヒトの体内にも多くの乳酸菌は存在し、病原菌などから私たちの体を守ってくれているのです。

乳酸菌研究を始めて半世紀以上。世界的権威である東京大学名誉教授、光岡知足(みつおかともたり)氏。国分寺にある自分の研究所で今も尚、乳酸菌のチカラに対して追及しています。乳酸菌というのは、糖を利用して発酵して乳酸をたくさんつくる菌。通常の腸の中のPH酸度は7.0。ところが乳酸菌が入ってくると赤ちゃんでは4.5に下がってしまい、他の菌、乳酸菌以外のものは発育しにくい環境になってしまいます。例えば大腸菌は4.5になってしまったら絶対に生えません。腸内には善玉菌と悪玉菌とその中間になるような日和見菌とがあり、善玉菌の代表が乳酸菌です。乳酸菌と言っても色々あり、人では乳酸菌の中でもビフィズス菌が最優先です。一方では悪玉菌の代表が大腸菌やウエルシュ菌。腐敗産物を作って毒素を作る菌です。それが増殖してくると腐敗産物が多くなると同時にそれが吸収されてからだに不都合なことが起こります。

乳酸菌は胃酸で死んでしまうのではないか、というのは誤解だといいます。乳酸菌は死んでも腸の中では健康にとって有効な働きをしています。乳酸菌は死菌になってもその効果効能は生きているのです。 埼玉県和光市に乳酸菌が作り出す物質『乳酸菌生産物質』の製造をおこなう会社があります。株式会社光英科学研究所は、乳酸菌の研究を礎に、乳酸菌が体内で作り出す物質、その効果効能に対していち早く注目し、長年、研究開発を行ってきました。

光英科学研究所では乳酸菌を培養するときに人の腸内に酷似した状態を再現することで乳酸菌が自ら持っているチカラを十分に発揮できるようにしているのです。本来は、体内でのみ生成される物質。それが人の手によって培養されています。

その培養法を今も継承しているのが村田公英さん。乳酸菌がお腹の中でつくりだしている同じ物質をからだの外で作っています。乳酸菌そのものではなくそこから出している物質をとります。乳酸菌の菌体成分もありますが代謝産物も一緒に摂る、ということなのです。乳酸菌生産物質とは、からだの外で善玉菌である乳酸菌が作り出した物質で体内に入っても胃酸などの影響を受けずに腸に届き有用な栄養成分を含んでいるもの。これはバイオジェニックスと呼ばれ、腸内の健康を保つ効果をもった、有効な物質なのです。

なぜ、豆乳を使って培養するのでしょうか。それは豆乳の中のアミノ酸を乳酸菌やビフィズス菌がえさとして、それを分解し、いろいろなものをあみ出すからだそうです。

乳酸菌のえさとなる培地には豆乳作りも大切です。さらに元菌である乳酸菌の培養にもこだわりがあるといいます。千葉県茂原氏にある研究施設、光英サイエンスで元菌の乳酸菌が培養されています。乳酸菌製造は現在に至るまで50年に渡り植え継ぎを行ってきました。乳酸菌生産物質の元になる元菌は1種類の菌ではなく複数の菌を同じ培地内で培養する、共棲培養が良い代謝物質をつくる鍵になります。

乳酸菌生産物質が出来るまでの道程

1.大豆を水に浸す
大豆を12時間水に浸し、やわらかくする。

2.粉砕
やわらかくなった大豆を機械で粉砕する。

3.加熱
粉砕された大豆に100度の熱を加える。

4.絞る
加熱された大豆を搾ると豆乳ができる。

5.滅菌
乳酸菌が生育しやすい環境をつくるため、豆乳を釜で滅菌する。

6.菌接種
熱を摂ったあと、人の手によって元菌が豆乳の中に植えられる。

7.乳酸菌の培養
乳酸菌生産物質の元になる元菌は1種類の菌ではなく複数の菌を同じ培地内で培養する、共棲培養が良い代謝物質をつくる鍵になる。これが濃度の高い乳酸菌生産物質をつくるコツ。

腸内の善玉菌を応戦する食品成分研究所では元菌の継代培養と、その新しい組み合わせを研究しています。例えば、ビフィズス菌の元菌。はじめは4種類の共棲だったのが8種類になり、最後は16種類と進化します。共棲培養の難しさは、いくら植え継ぎを繰り返しても常に一定の割合で各菌が存在していることだといいます。この元菌を作ることが濃度の高い乳酸菌生産物質ができるコツとなっています。培養に培養を重ね、今までまとめ上げた乳酸菌は16種、35株に上るといいます。乳酸菌は種類が多ければ多いほど、優れた働きをするのです。

今から30年ほど前、ヨーグルトなど外から摂った乳酸菌は、腸内では増殖できず、棲みつけないということがわかりました。腸内の善玉菌を応援する機能性食品として、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェネックスがあります。そのうち、バイオジェネックスは死菌になってもその効果である、免疫や生体機能防御を高め、生活習慣病に有効な働きをします。つまり、腸内細菌に働く、働かないに関わらずいいというのがバイオジェニックスです。

乳酸菌生産物質の効果効能、人のチカラ

こだわりが育てる乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質の起源、乳酸菌の研究に生涯を投じた正垣一義

乳酸菌生産物質を発見した第一人者の正垣一義氏腸の健康に注目した一人の人物、正垣一義氏は腸の中の細菌とヒトの寿命に関する講演をかつて2度に渡って国会でおこない、当時の厚生大臣から賞を受けています。乳酸菌の研究に生涯を投じ、乳酸菌生産物質を発見した第一人者です。

正垣一義氏は、浄土真宗本願寺第22代法主であり、計3度にわたるシルクロード探検の偉業も成し遂げ、実業家としてもその名が知られた大谷光瑞(こうずい)師から、「生きた菌ではなく、これからはその代謝物だ」という教えを受け、乳酸菌生産物質の開発に力を注いだのです。

尺八の音色を聴かせて育てる乳酸菌光英科学研究所では、濃度の高い元菌を使う培養の際、こだわりのひとつとして音楽を聞かせているといいます。培養機に入った元菌と豆乳の培地は120時間かけて培養される間、尺八の音を流しています。さらに元菌を作るときにも同じ音色が流れているのです。研究所の村田社長は先代から受け継がれたものを届けたい、と思い、正垣氏が吹いていた尺八の音を聞かせて乳酸菌を育てているといいます。この音を聞かせることにより、不思議と、仕上がりの見た目に違いが出るそうです。 120時間培養された発酵物は減菌処理された後、ろ過され、不可溶性成分と可溶性成分に分けられます。可溶性成分が乳酸菌生産物質の豆乳発酵エキスとして出来上がります。

大豆の無農薬栽培を行っている安部さん村田社長のもうひとつのこだわりは培地である豆乳の原料、無農薬で育てられた国内産の大豆です。乳酸菌生産物質の培養に使われる大豆が栽培されているのは福島県相馬市。この広大な土地で育てられている大豆すべてが無農薬で栽培され除草剤なども一切使用されていません。栽培者の安部(あんべ)さんは50年以上前から農業に従事し、いまでは大豆や米の栽培は無農薬に拘っているといいます。

元々酪農をしていた安部さんは、牛の健康が気になったのが農業を始めたきっかけだそうです。農薬を使ったことが障害になったため、安全な餌つくりが一番大切だと思い始めたといいます。その後、無農薬での栽培を独自に勉強し、さまざまな工夫を重ねてきました。無農薬であるということは、まったく雑草と害虫には無防備な状態のため、いかに被害を少なくするか。雑草もカメムシによる大豆への被害を少なくする工夫のひとつです。そのこだわりをもった大豆を原料に、乳酸菌生産物質は作られています。

乳酸菌生産物質の効果効能、真・新のチカラ

乳酸菌生産物質の新たな機能性

乳酸菌生産物質飲用後のHnA1c変化先代から受け継がれ、50年間守られてきた培養技術により育てられた16種類の乳酸菌グループ。そこからつくられた乳酸菌生産物質。あくまで乳酸菌が作り出した物質であり、その性質は乳酸菌と異なっています。そもそも腸内には健康に関与する善玉菌が存在するのですが、離乳をするとからだに悪影響を及ぼす悪玉菌が増加します。乳酸菌生産物質は、この双方のバランスを整え免疫系や代謝系の改善を促すそうです。

乳酸菌生産物質の効果効能が一般に知られてきたので、今度はそれをなるべく多くの人に食べてもらいたい、と村田社長はと語ります。新たな展開として一般の加工食品と合わせられるようにつくられた、原料を乳酸菌で発酵させた乳酸菌生産物質パウダー。国内産の野菜や魚、肉のエキスと一緒にうまみ、味はもちろん、安全で健康に役立つ調味料を開発中です。

埼玉県戸田市にある株式会社田辺R&Dサービス。医薬品の開発など、豊富な経験を生かし、食品の試験分析などもおこなっている会社です。乳酸菌生産物質の科学的分析を行ったのが獣医師の小田晃司さん。医薬品の開発に欠かせない動物実験などを30年続けているベテランの獣医師です。獣医師の小田さんが乳酸菌生産物質という食品分析に戸惑いはあったのか、尋ねてみると、最初はどのような試験を行っていけばよいか、非常に悩んだといいます。医者の使う抑癌剤をターゲットとした開発を中心に行ってきたので、このような食品ではたして癌が抑えられるのか、疑問もあったといいます。

乳酸菌生産物質のマウス白血病P388細胞に対する抗腫瘍試験

小田先生がこれまでの経験で使ってきた比較的利きやすい腫瘍を最初に使ってみて、それに対する作用があるかどうか、ということから試験ははじまりました。メスエーサルコーマという腫瘍は乳酸菌生産物質のD6とA6を混ぜたもので、増殖が50%ほど、マウスの腫瘍で抑えられるということがわかりました。この結果により、乳酸菌生産物質が癌の増殖を押さえる効果をもつ可能性があると考えられています。次はどのような作用を持って腫瘍が抑えられているか、そのメカニズムを研究してみたい、と小田先生は言います。乳酸菌生産物質は未知の可能性をたくさん持っているのです。

安全性はもちろん、品質、味、健康までもが求められる今の食品。そうした人々の期待に応えられる食品のひとつが、乳酸菌生産物質なのかもしれません。私たちの体を守る腸の中の神秘のチカラ。乳酸菌を追い続けた人々の思いと努力により、私たちはそのパワーを形として手にすることが出来るのです。

バイオジェネックス作用機序